うっかり日焼けをしてしまった場合の最善のお肌ケアとは?

うっかり日焼けをしてしまった場合の最善のお肌ケアとは?

うっかり日焼けをしてしまった場合の最善のお肌ケアとは?

真っ白で透明感のある美肌を保つには、紫外線対策が欠かせません。

 

季節に関わらず一年中、日焼け止めを塗っているわ!という方も多いと思います。ですが、ついうっかり日焼け止めを塗り忘れてしまうこともありますよね。しっかり塗ったのだけれど、水や汗で流れてしまって、気がついたら日焼けをしていた、なんていうこともあるかもしれません。では、そんなうっかり日焼けをしてしまった場合、どのようなお肌ケアをしてあげるのが最善なのでしょうか?

 

日焼けをすると、ヒリヒリと肌が痛んだり、赤くなったりしますよね。日焼けはやけどをしたのと同様なのです。まずは冷やしたタオルや氷のうなどでゆっくり、じっくりと冷やし、ほてりをしずめてあげましょう。おさまってきたなと思ったら、今度は乾燥を防ぐため、たっぷりと化粧水をつけてあげます。最初は保湿効果の高いものを使うのがおすすめです。3〜4日ほど経ってほてりも落ち着いてきたら、今度は美白効果のあるものに代えてあげるとベターです。ゆっくりとケアをする時間がある方は、ローションマスクも効果的です。使い慣れている化粧水や刺激の少ないタイプの化粧水を選ぶと良いと思います。マスクをつけ、15分ほど経ったらはがします。その後は、乳液などでしっかりと保湿をしてあげましょう。

 

体の外からだけでなく、中からのケアも大切です。食生活にも気を配り、肌に良い成分を摂取しましょう。日焼けをすると活性酸素がたくさんつくられてしまいます。この活性酸素はシミやしわの原因にもなり得るのです。ですのでこれを撃退するためには、抗酸化作用のあるカロチン(ビタミンA)・ビタミンC・ビタミンEを含む食べ物を積極的に体にとり入れる必要があります。かぼちゃや人参、ほうれん草などの緑黄色野菜にはカロチンが多く含まれていますし、レモン、トマト、パプリカなどはビタミンCが豊富です。ビタミンEであれば、アボガド、ナッツ、えごまなどに多いです。

 

美白のために努力する方法

 

美肌のために、いい化粧品を買い、サプリを飲み、食生活、生活習慣に気をつけること。
これが全部できている人はすごいです。

 

実際に肌が綺麗で、健康状態も良好でしょう。
美白のために努力する方法として大まかに2種類に分かれると思います。

 

 

  • 化粧品、美容液で保湿、栄養を与えるなど外側からのケア
  • サプリや野菜、フルーツなど体内に美肌に効く成分を摂り入れることによる内側からのケア

 

理想を言えばこれに、運動や半身浴なども行うと完璧ですが、忙しい現代人。
そうそう美容にばかり時間を使うわけにはいかないのが実情ではないでしょうか。

 

美肌になるためにとりあえず何が一番すべきかと問われましたら、色々と意見は分かれるかとは思いますが
個人的には内側、食生活が一番重要だとお答えします。

 

私達の体は食べている物から作られているのは間違いありません。

 

ここで摂る栄養がいいか悪いかで健康状態はもちろん肌の状態も左右されます。
良い食生活を長く続けている人は当然栄養状態がいいので健康です。

 

一方、好きな物しか食べない、肌に悪い物ばかり食べるなど悪い習慣が長い間続いている人は肌質もどんどん
悪くなるでしょう。

 

少々、言い過ぎかもしれませんが、いくらいい化粧品やエステなどにお金を使っても食生活が悪かったら効果は半減です。

 

どちらかと言えば、シンプルスキンケアで何もしていませんと言う人が美肌だったりすると驚かれることがありますが、あれは事実です。

 

食生活が良ければ、別にあれこれと高い化粧品を使わなくても、自分の体内の栄養分だけで肌を丈夫でなめらかな状態に持っていけるわけです。
食生活の基本は、糖質、脂質、たんぱく質、ビタミン、ミネラルという栄養素をバランス良く摂ることです。

 

特に美肌効果が高いといわれる栄養素はビタミン群です。

 

ですが、いくらビタミンを摂っても甘い物などを食べますとそれらの代謝のためにカルシウム、ビタミンを使いますので意味はありません。

 

甘い物は栄養泥棒とまで言うと言い過ぎですが、ほどほどに控えておく、またビタミンとカルシウムも多めに摂ることを心がけるなど食べ方に工夫するといいでしょう。
ビタミンCは加熱に弱いので、生のフルーツや野菜などで摂るようにすることがいいですね。

 

フルアクレフの口コミ